モリンガどこまでやるの?|ブロッコリースプラウトとモリンガ

ブロッコリースプラウトとモリンガ

2016年9月6日

border

broccoli sprout
 

スプラウトは天然のサプリメント

 

スプラウトとは新芽のこと。新芽は、成長するために必要な栄養やパワーを最も豊富に含んだ状態です。つまり、種子や親野菜より栄養や酵素をたっぷり含んだ状態がスプラウトなのです。
日本でよく見かけるスプラウトといえば、かいわれやもやし、豆苗でしょうか。
 

同じように見える新芽でも、それぞれ含まれる栄養素や量は違ってきます。
例えば豆苗は、美肌効果や免疫力向上の効果があると言われるβ-カロテンをブロッコリーの5.8倍、ビタミンCをほうれんそうの2.1倍、食物繊維をアスパラガスの1.7倍含んでいます。さらに代謝を促すビタミンB群、骨を丈夫にするビタミンKなども豊富に含んでいます。
野菜の中でも栄養素の種類・量は極めて優秀。
そのため「スプラウトは天然のサプリメント」と言われているんです。

 
そんなスプラウトの中でも、最近テレビなどで注目を集めているのがブロッコリースプラウト。
ブロッコリースプラウトは、成熟したブロッコリーに比べてなんと20倍の高濃度スルフォラファンが含まれています。
 
スルフォラファンは「第7の栄養素」と呼ばれる天然の化学成分ファイトケミカルの一種。
優れた解毒作用や抗酸化作用があると言われており、有害物質を無毒化して体外に排出する働きがあります。
また、肝臓機能を向上させ、糖分や脂肪の分解を促し代謝を改善する効果があると言われ、シミやそばかすの元になるチロシナーゼの働きを抑制する効果を持っています。
女性には特にうれしい食材ですね。
 
おいしく栄養素をしっかり摂るためにも、ブロッコリースプラウトは3~4日おきに生のままよく噛んで食べるのがおすすめです。
 

 

モリンガにもファイトケミカルが含まれている

 
50種類以上の栄養素が含まれ、300もの病気を予防すると言われている奇跡の植物モリンガ。
モリンガはブロッコリーやアブラナに近い種で、フラボノイド、イソチオシアネートなどのファイトケミカルがしっかり含まれています。
 
さらにビタミンやミネラル、アミノ酸などもバランス良く含まれています。
例えば、食物から摂取したタンパク質はアミノ酸に分解され、吸収され続けています。
その為、必須アミノ酸は毎日摂取する必要があります。
毎日すべての栄養素をバランス良く摂るのは難しく、なかなか続けられないですよね?
 
モリンガなら、お茶として飲んでるだけで脂肪の分解を増進したり、疲労回復、アレルギー症状の緩和、糖尿病や高血圧の予防、生活習慣病改善にも効果を発揮してくれます。
最近では、モリンガはお茶としてはもちろん、パウダー、サプリもあり、日々の生活に取り入れやすくなっていますよ。
 
本当にさまざまな価値ある栄養素をバランス良く含んでいるのがモリンガなのです!
 
 
 

border
« »