モリンガの栄養素|モリンガとナトリウム

モリンガとナトリウム

2016年8月6日

border

sodium

 

生命維持に欠かせないナトリウム

 
ナトリウムは体内に多く存在するミネラルで、生命維持に欠かせない栄養素です。
細胞の中に存在するカリウムとともに細胞の浸透圧を調整したり、神経の機能や筋肉の収縮を滑らかにする、運動時に体内が酸性に傾くのを中和して正常に保つのを助ける働きがあります。
 

ナトリウムは加工食品や調味料、乳製品など多くの食材に含まれているので、普段の生活で不足することはあまりありません。
 
厚生省が定める1日あたりの塩分摂取量の目標値:男性8g・女性7g(2015年)に対し、
日本人の1日あたりの平均塩分摂取量は男性11.1g・女性9.4g。
(厚生労働省『平成25年国民健康・栄養調査結果の概要』)。
近年では塩分(ナトリウム)の取りすぎが問題になっています。
極端な塩分の摂りすぎは、むくみや高血圧、さらに骨粗しょう症、胃がんや認知機能への影響があるとも言われます。
 
一方で、激しい運動や熱中症、下痢などによって多くのナトリウムが不足すると、めまいやだるさを感じたり、ひどくなるとけいれんや昏睡を起こして命に関わることもあります。
暑い時期や湿度が高い日などたくさん汗をかいて大量にナトリウムを排出する場合は、ナトリウムをこまめに補給することが大切です。
 
 

ナトリウムとカリウムが同時に摂取できるモリンガ

 
体内ではカリウムとナトリウムが作用しあって、体内の水分バランスを保っています。
しかし、人の体はナトリウムは排出しにくく、カリウムは排出しやすくなっています。
そのためナトリウムだけでなくカリウムもしっかり摂取することが大切です。
 
モリンガにはナトリウムとカリウムがどちらも含まれているので、たった1杯のモリンガ茶で同時に摂取することができて、体内バランスを整えてくれます
ナトリウムが不足しがちなスポーツや夏場の作業での水分補給にもおすすめです。
 
 

border
« »