モリンガの栄養

モリンガに含まれる栄養素は50種類以上と言われています。

その中でも特に注目したい栄養素について解説します。

モリンガの栄養写真

新着記事

amino_th

モリンガと必須アミノ酸
必須アミノ酸は全部で9種類   アミノ酸は約20種類あるたんぱく質を構成している単位で、そのうちのロイシン、スレオニン、バリン、イソロイシン、リジン、フェニルアラニン、メチオニン、トリプトファン、ヒスチジンの合計9種類を「必須アミノ酸」と言います。   ヒスチジン以外の8種類は体内では合成されず、食品から摂取しないといけません。またヒスチジンは体内で作られますが、子... 続きを読む>>
border

vitaminc_th

モリンガとビタミンC
ビタミンCの色や味って?   ビタミンCはアスコルビン酸とも呼ばれる水溶性のビタミンです。ビタミンCは酸化を防ぐ効果が高く、ストレスやたばこ、そして紫外線ダメージなどから発生する、活性酸素による酸化のダメージから体を守ってくれます。   活性酸素が発生すると体の老化が進み、シミやシワなどの肌トラブルや様々な体の不調を感じやすくなります。その時ビタミンCが代わりに酸化... 続きを読む>>
border

gaba_th

モリンガとギャバ
ストレスを緩和するギャバ   ギャバはアミノ酸の一種で、正式名称は「ガンマーアミノ酢酸」といい英語名のGamma Amino Butyric Acidの頭文字を略してGABA(ギャバ)と呼ばれています。近年リラックス効果があると言われている注目の成分です。   グルタミン酸から生成されるアミノ酸の一種であるギャバは、体を作るタンパク質を作るためのアミノ酸とは異なり脳... 続きを読む>>
border

vitamina_th

モリンガとビタミンA
美容業界も注目のビタミンA   ビタミンAとは1913年に発見された脂溶性ビタミンの一つです。ビタミンAの科学名を「レチノール」といい、動物性の食品に多く含まれます。ビタミンAの働きとしては目の健康や皮膚や粘膜の健康を保つと言われています。不足すると粘膜を守る力が働かなくなり、風邪などを引きやすくなったり、口内炎もできやすくなります。乾燥などが気になり風邪を引きやすくなる冬の時期... 続きを読む>>
border

magnesium_th

モリンガとマグネシウム
マグネシウムは不足しがちなミネラル   マグネシウムは体の中で最も多いミネラルで、体の中で300種類以上の酵素の働きを助けます。成人では体内に約30g骨には約70%含まれその他は筋肉、脳、神経にも存在し、神経の情報伝達や筋肉の収縮など体内のさまざまな代謝を助けています。   マグネシウムを多く含む食品は、あさり、牡蠣などの貝類、ワカメ、ひじきなどの海藻類、えんど... 続きを読む>>
border